FC2ブログ

半額キャンペーン!

無題

 DMM様、デジケット様で半額キャンペーンが開始されました。
 どうぞこの機会に、当サークルの作品をお買い求めください。

banner001.gif bnr_dmm002.jpg

 さて、駄話です。
 といっても、ここしばらく『ダンガンロンパV3』についてのグチが続いておりました。前回も「あいらんどモード」について語りましたが、ご存じない方のために説明しておきますと、これは『ダンガンロンパ』本編にもあるギャルゲー要素(キャラクターたちをデートに誘うシチュエーション)をその部分だけ取り出し、おまけのミニゲームとしたものです。
 本編をプレイするだけでは全キャラ(デート、と言ってはいますが男子キャラの分もあり)とのデートイベントコンプが難しいがための救済策なのですが、『V3』では『ダンガン紅鮭団』という形で継承されました。
 さて、一体全体どうしたことか、イベント絵すらもないボイスもほとんどパートボイスの、このあくまでオマケであるモード、やり込んでしまう中毒性があります。
 一つには前回記事に書いたようにこのモードが、凄惨なコロシアイを強制されたキャラクターたちの、「あったかも知れない平和な日常」だからなのでしょうが、それだけが理由ではない気がします。
 単純に自分の計算で相手の好感度を上げていく「攻略」性が楽しいのでは、という気がします。
「エロゲ」もオタク文化としてすっかり没落して久しいですが、むしろ最盛期に評価されていたゲーム(例えばkey作品)を見ていると、「ノベル」要素が高いというか、「読まされる」性質の強いものであることであることに気づきます。
 それはそれで文芸性が高く、楽しいのですが(ぼくが売れもしないADVゲームというジャンルを出し続けている理由もそこにあるマス)、一方で『ときメモ』型のコントローラブルなギャルゲーの楽しさも、それはそれで確実にある。
 選択肢もだんだんと少なくなるなど、「ノベルゲー」に近づく一方のADVとはまた違った魅力が、シミュレーション圭にはあると思うわけです。
 そんなわけで少し前、(といっても半年以上経ってしまいましたが……)以下のようなことを書きました。

>ちょっと、当サークルの作品についても「アイランドモード」があるといいかな……と思い至りました。

 それからずっと何もお伝えしないできましたが、そろそろ「新作情報」の詳細をお伝えできるかと思います。
 もうちょっとだけ、お待ちください。