FC2ブログ

GWセール中!!

無題
どうも、お久し振りでございます。
ここしばらく、「新作情報を待て!」と煽ってはそのままバックレ、というパターンが続いております。
正直、新作の用意はあるのですが、こんな時に限ってちょっと大きな仕事が舞い込んできまして、ゲームのための時間が丸きり取れなくなっております。
そんな次第ですので、どうかもうしばらくお待ちいただけると幸いです。

さて、GWも結構進行してしまいましたが、セール情報です。
DLsite様とBOOTHで半額セールを行っております!
デジケット様でも(たった今申請したので)直にセールが始まります!
この機にどうぞお買い求めください!

――さて、ちょっと駄話を。
映画『レディープレイヤーワン』の感想です。
といっても、あまりポジティブなモノではないですが……以下、出て来るキャラなどのネタバレもアリで書いていきますので、ご了承いただければさいわいです。
まず本作は、アメリカのオタク作家の小説『ゲームウォーズ』が原作になっています。
帯には「オタク作家の日本文化への熱いリスペクト」と大きく書かれ、そここそが見せ場となっておりました。
クライマックスのバトルに登場するのは映画においては「俺はガンダムで行く」が流行語になったことからも分かるように、ガンダムとメカゴジラ。
しかし原作ではエヴァからミネルバXからレオパルドンまでが登場していたのです。ウルトラマンも重要な役割で登場します。
それが、ものすごい規模縮小ぶり。
主人公のスラムの落書きでドラえもんがあった気もするんですが、それは気のせいかなあ。小学館はそういうの、うるさそうですしね。
つまり、目玉となるような作品が軒並みリストラされた、昨今のスパロボみたいな出来になってしまっているのです。

本作ではオアシスという仮想世界が、今のネットのような存在として登場してきます。
貧しい主人公はこのオアシスから教育などすら与えられているのですが、そうした描写もされていません。もちろん、映画の尺を考えれば仕方がないんですが。
悪役の会社の重役が「オタク知識」で主人公を懐柔しようとして、実はそれが他の者に教えられたエセ知識であることを主人公が見破る、というのはオタク魂が感じられていいシーンなのですが、逆にテーマが描かれているのはそこくらい。
この会社はヴァーチャル地下帝国(『カイジ』のアレです)みたいなのでネット民を搾取しているのですが、その描写もちょっとだけ。
何より最後に主人公はヒロインとキスをして、「やっぱりリアルがいい」と言ってオアシスの週二日の休業を宣言してしまいます。確かに「リアルでのキスがいい」は原作にもあるセリフですが、「二次元万歳」な原作を、スピルバーグは180°逆にしてしまいました。

もう一つ、本作のヒロインは(というか、オアシス内でのアバターはみな)CGで表現されるのですが、驚くほどに可愛くありません。つまり「ヴァーチャル」というテーマを掲げつつ、彼らはいまだ「萌え」に至っておらず、最終的に二次元を否定してしまったわけです。
ぼくの期待は、破られてしまいました。
二次元の春はまだ、遠そうです。

半額キャンペーン!

無題

 DMM様、デジケット様、DLsite様で半額キャンペーンが開始されました。
 どうぞこの機会に、当サークルの作品をお買い求めください。

banner001.gif bnr_dmm002.jpg
dlsitebn1.gif

 みなさん、コミケの準備はお済みでしょうか?
 こちらは年末の土壇場で大きな仕事を一つ失い、ひぃひぃ言っております。
 おかげで、逆にゲームを作るヒマはできたのですが……。

 さて、『スパロボ』の新作が発表されました。
 何と今度は『ワタル』、『ナディア』が参戦するとのこと。
 こんなゲーム作っている割に『ワタル』には丸っきり思い入れがないのですが。
 今回、ファンの声で目立ったのが『マイトガイン』の続投はあまり嬉しくない、『ジェイデッカー』を! といったもの。
 まあ、勇者は勇者でできれば『勇者聖戦』シリーズをリファインして欲しいという気がするのですが、確かに参戦作品の続投、作品数そのものの減少、そして70年代ロボのリストラは問題でしょう。
 今回は『ダイターン』が言い訳程度に参戦しているのみで、『真ゲッター』すらリストラ。
 ロボットものの一大ブームの時期をスルーしてのロボット大戦にどれだけの意味があるのか、疑問に思わずにはおれません。
 個人的には勇者、エルドランを中心に『ヤマトタケル』、ワタルシリーズなども加えたショタ大戦、ジュブナイルロボットものとでも言うべき作品に絞ったモノがみたい! 『NEO』がそれに近かったんでしょうが……。

秋の70%offキャンペーン!

70off.png


 デジケット様、DLsite様で70%offキャンペーンが開始されました!
 当サークルの作品が七割引! 今なら500円コインでお釣りが来ます! いえ、ネット上だからコインは使えませんが!!
 どうぞこの機会に、当サークルの作品をお買い求めください。

banner001.gif dlsitebn1.gif

 ――さて、駄話です。
 というか、いつまで経っても新作のお話ができず、忸怩たる思いでおります。
 本業(ライター仕事)はヒマなままなのですが何と最近、あまりにヒマなため、食うに困ってパートなんぞ始めてしまいまして……。
 何やかやでゲーム製作の時間がいよいよ取りづらくなってきております。
 万一新作を待って下さっている方。
 また、ブログの更新が頻繁になった辺りで注目いただければ幸いです。

半額キャンペーン!

無題

 DMM様、デジケット様、DLsite様で半額キャンペーンが開始されました。
 どうぞこの機会に、当サークルの作品をお買い求めください。

banner001.gif bnr_dmm002.jpg
dlsitebn1.gif

 ……すんません、ここしばらく「そろそろ新情報を」と繰り返しているのですが、なかなかヒマが取れず、作業が進んでおりません。
 いや、本職の方が忙しいから……といった理由でもあればまだいいのですが、ここしばらく仕事がなく、専ら求職に駆け回る毎日で……。

 そんなわけで駄話のネタもないのですが、ちょっとだけ。
『エロマンガ先生』が今期アニメではずば抜けて人気のようです。
 ぼく自身は『俺妹』最終回のショックで今一、乗れずにおりました。
 小説も二、三冊読んでいたのですが正直、それほどの新味も感じず、そこで止まっておりました。
 が、それがアニメ化するや大騒ぎというのは、ちょっと意外ではあります。
 本作、恐らくですが実績のない作家が書いていたら、恐らく編集者からは「古い」という評価を受けていたと思うのです。それこそ『俺妹』フォロワー的なオタクネタ、秋葉礼賛、引きこもり主人公の小説というのはやはり、ここ五年、ちょっと古い感がある。
 いえ、そもそもアキバ系みたいな言葉自体が古びてしまい、メイドも妹もツンデレも、やはりちょっと古いという印象を拭えない。
 しかし「ならば新たな流行は何なのか……」というと見えてこない。あるのはソシャゲであり、なろうといったオタク濃度の薄いモノ。
 あまり好ましい状況ではないと思っていたのですが、本作が現れたことで、「まだまだアキバ系強し」ということが証明された、とは言えないでしょうか。
 本作の成功が、オタク界を好ましい方向へと進めてくれることを望みます。

半額キャンペーン!

無題

 DMM様、デジケット様で半額キャンペーンが開始されました。
 どうぞこの機会に、当サークルの作品をお買い求めください。

banner001.gif bnr_dmm002.jpg

 さて、駄話です。
 といっても、ここしばらく『ダンガンロンパV3』についてのグチが続いておりました。前回も「あいらんどモード」について語りましたが、ご存じない方のために説明しておきますと、これは『ダンガンロンパ』本編にもあるギャルゲー要素(キャラクターたちをデートに誘うシチュエーション)をその部分だけ取り出し、おまけのミニゲームとしたものです。
 本編をプレイするだけでは全キャラ(デート、と言ってはいますが男子キャラの分もあり)とのデートイベントコンプが難しいがための救済策なのですが、『V3』では『ダンガン紅鮭団』という形で継承されました。
 さて、一体全体どうしたことか、イベント絵すらもないボイスもほとんどパートボイスの、このあくまでオマケであるモード、やり込んでしまう中毒性があります。
 一つには前回記事に書いたようにこのモードが、凄惨なコロシアイを強制されたキャラクターたちの、「あったかも知れない平和な日常」だからなのでしょうが、それだけが理由ではない気がします。
 単純に自分の計算で相手の好感度を上げていく「攻略」性が楽しいのでは、という気がします。
「エロゲ」もオタク文化としてすっかり没落して久しいですが、むしろ最盛期に評価されていたゲーム(例えばkey作品)を見ていると、「ノベル」要素が高いというか、「読まされる」性質の強いものであることであることに気づきます。
 それはそれで文芸性が高く、楽しいのですが(ぼくが売れもしないADVゲームというジャンルを出し続けている理由もそこにあるマス)、一方で『ときメモ』型のコントローラブルなギャルゲーの楽しさも、それはそれで確実にある。
 選択肢もだんだんと少なくなるなど、「ノベルゲー」に近づく一方のADVとはまた違った魅力が、シミュレーション圭にはあると思うわけです。
 そんなわけで少し前、(といっても半年以上経ってしまいましたが……)以下のようなことを書きました。

>ちょっと、当サークルの作品についても「アイランドモード」があるといいかな……と思い至りました。

 それからずっと何もお伝えしないできましたが、そろそろ「新作情報」の詳細をお伝えできるかと思います。
 もうちょっとだけ、お待ちください。


プロフィール

雛子一

Author:雛子一
「日和っ子倶楽部」公式BLOGへ
ようこそ!
管理人の「雛子一」です。
メアド変わりました!!
hinako_1_h★ybb.ne.jp
(★をアットマークに)
感想などいただけると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご協力いただいている方々のサイトです!
●絵師様● ●声優様● ●販売店様● DL.Getchu.com Gyutto(ギュッと!)|美少女ゲーム、アダルト動画、同人作品の総合ダウンロードサイト! DD-STYLE.COM
●検索サイト様● エロCGランキング 創作検索ぴあすねっとNAVI 【日本最大級:創作・個人検索サイト 】GAMEHA.COM - ゲーム派ドットコム - アニメ・イラスト系アダルト検索エンジン エロCG広報委員会 アダルト検索エンジン・エロCGナビゲーター ●素材サイト様● ban_3.jpg ban_3.jpg ●お気に入り● siro_ba.jpg
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR