FC2ブログ

秋の70%offキャンペーン!

70off.png


 デジケット様、DLsite様で70%offキャンペーンが開始されました!
 当サークルの作品が七割引! 今なら500円コインでお釣りが来ます! いえ、ネット上だからコインは使えませんが!!
 どうぞこの機会に、当サークルの作品をお買い求めください。

banner001.gif dlsitebn1.gif

 ――さて、駄話です。
 というか、いつまで経っても新作のお話ができず、忸怩たる思いでおります。
 本業(ライター仕事)はヒマなままなのですが何と最近、あまりにヒマなため、食うに困ってパートなんぞ始めてしまいまして……。
 何やかやでゲーム製作の時間がいよいよ取りづらくなってきております。
 万一新作を待って下さっている方。
 また、ブログの更新が頻繁になった辺りで注目いただければ幸いです。

半額キャンペーン!

無題

 DMM様、デジケット様、DLsite様で半額キャンペーンが開始されました。
 どうぞこの機会に、当サークルの作品をお買い求めください。

banner001.gif bnr_dmm002.jpg
dlsitebn1.gif

 ……すんません、ここしばらく「そろそろ新情報を」と繰り返しているのですが、なかなかヒマが取れず、作業が進んでおりません。
 いや、本職の方が忙しいから……といった理由でもあればまだいいのですが、ここしばらく仕事がなく、専ら求職に駆け回る毎日で……。

 そんなわけで駄話のネタもないのですが、ちょっとだけ。
『エロマンガ先生』が今期アニメではずば抜けて人気のようです。
 ぼく自身は『俺妹』最終回のショックで今一、乗れずにおりました。
 小説も二、三冊読んでいたのですが正直、それほどの新味も感じず、そこで止まっておりました。
 が、それがアニメ化するや大騒ぎというのは、ちょっと意外ではあります。
 本作、恐らくですが実績のない作家が書いていたら、恐らく編集者からは「古い」という評価を受けていたと思うのです。それこそ『俺妹』フォロワー的なオタクネタ、秋葉礼賛、引きこもり主人公の小説というのはやはり、ここ五年、ちょっと古い感がある。
 いえ、そもそもアキバ系みたいな言葉自体が古びてしまい、メイドも妹もツンデレも、やはりちょっと古いという印象を拭えない。
 しかし「ならば新たな流行は何なのか……」というと見えてこない。あるのはソシャゲであり、なろうといったオタク濃度の薄いモノ。
 あまり好ましい状況ではないと思っていたのですが、本作が現れたことで、「まだまだアキバ系強し」ということが証明された、とは言えないでしょうか。
 本作の成功が、オタク界を好ましい方向へと進めてくれることを望みます。

半額キャンペーン!

無題

 DMM様、デジケット様で半額キャンペーンが開始されました。
 どうぞこの機会に、当サークルの作品をお買い求めください。

banner001.gif bnr_dmm002.jpg

 さて、駄話です。
 といっても、ここしばらく『ダンガンロンパV3』についてのグチが続いておりました。前回も「あいらんどモード」について語りましたが、ご存じない方のために説明しておきますと、これは『ダンガンロンパ』本編にもあるギャルゲー要素(キャラクターたちをデートに誘うシチュエーション)をその部分だけ取り出し、おまけのミニゲームとしたものです。
 本編をプレイするだけでは全キャラ(デート、と言ってはいますが男子キャラの分もあり)とのデートイベントコンプが難しいがための救済策なのですが、『V3』では『ダンガン紅鮭団』という形で継承されました。
 さて、一体全体どうしたことか、イベント絵すらもないボイスもほとんどパートボイスの、このあくまでオマケであるモード、やり込んでしまう中毒性があります。
 一つには前回記事に書いたようにこのモードが、凄惨なコロシアイを強制されたキャラクターたちの、「あったかも知れない平和な日常」だからなのでしょうが、それだけが理由ではない気がします。
 単純に自分の計算で相手の好感度を上げていく「攻略」性が楽しいのでは、という気がします。
「エロゲ」もオタク文化としてすっかり没落して久しいですが、むしろ最盛期に評価されていたゲーム(例えばkey作品)を見ていると、「ノベル」要素が高いというか、「読まされる」性質の強いものであることであることに気づきます。
 それはそれで文芸性が高く、楽しいのですが(ぼくが売れもしないADVゲームというジャンルを出し続けている理由もそこにあるマス)、一方で『ときメモ』型のコントローラブルなギャルゲーの楽しさも、それはそれで確実にある。
 選択肢もだんだんと少なくなるなど、「ノベルゲー」に近づく一方のADVとはまた違った魅力が、シミュレーション圭にはあると思うわけです。
 そんなわけで少し前、(といっても半年以上経ってしまいましたが……)以下のようなことを書きました。

>ちょっと、当サークルの作品についても「アイランドモード」があるといいかな……と思い至りました。

 それからずっと何もお伝えしないできましたが、そろそろ「新作情報」の詳細をお伝えできるかと思います。
 もうちょっとだけ、お待ちください。


全商品30%offキャンペーン!

 DMM様、デジケット様で30%offキャンペーンが開始されました。
 どうぞこの機会に、当サークルの作品をお買い求めください。

banner001.gif bnr_dmm002.jpg

 さて、以下は広告消しの駄話です。
『ニューダンガンロンパV3』ですが、不評を受けて「公式」が自虐CM的なものを打ち始めています。

う~ん、広告消しのはずなのに広告っぽいモノを貼ってしまった……。
 ↑これね。

 う~ん、こういうのって例えば『MUSASHI GUN道』みたいな制作者の力不足や計算違いで失敗したものを自虐するならば好感が持てるのですが、確信犯で炎上させておいてぬけぬけとやられてはムカつくだけなんじゃないでしょうかね。
 本作については前回いろいろと書きましたし、言いたいことは大体言い終えてはいるのですが、あの後、おまけのミニゲームをやったので、ちょっとそちらの感想など。

 ミニゲームについては、スタッフから「おまけと言えない、それだけで別売りできるようなボリューム」といった趣旨の発言がなされておりました。
 なるほど、その言葉に違わずおまけは「だんがん紅鮭団」、「超高校級の才能育成計画」、「モノクマの試練」と盛りだくさん。また、本編中にも本編終了後もプレイできる形でカジノも用意されています。
「紅鮭団」は「だんがんアイランド」などと同様の、本編のギャルゲー要素を再編集したもの。「愛の鍵」イベントというものが用意され、従来作のそれよりも(イベント絵はないものの)ギャルゲー要素がパワーアップしています。
「モノクマの試練」はファミコン時代の『ドラクエ』のムードを再現したRPG。
「育成計画」は一種のすごろくゲーム。ここで『1』から『V3』に至る全キャラクターを育成し、そして「モノクマの試練」に投入する仕掛けです。
 中でも一番、注目されたのは「育成計画」ではないでしょうか。旧キャラと新キャラが全員集合し、立ち絵と(パートボイスとはいえど)音声つきで会話を交わすというのはファン誰もが夢見た光景です。これを楽しむことで、今回の首謀者がぼくたちに投げかけた言葉を、ぼくたちは否定できるのではないでしょうか。
 もっとも、このモードは前回書いたような、あんなオチの後にしか解放されず、素直に楽しめない、といった声も聞こえては来ますが……。

 さて、ちょっと話は変わりますが、去年は『シン・ゴジラ』、『君の名は。』、『この世界の片隅に』といった特撮、アニメ映画の傑作が次々と発表され、大きな話題を呼びました。
 多分、みなさんも既に似たような意見はどこかで見聞なさっていることでしょうが、これらの作品がヒットした大きな要因は、「喪失の後」というモチーフを共通して持っているからではないでしょうか。
『シン・ゴジラ』では中盤で内閣首脳が全滅してしまい、若手の政治家たちが活躍しますし、『君の名は。』はまるで『ドラえもん』にでもありそうな、「既に起こってしまったカタストロフ」を阻止することが物語の主眼でした。『この世界の片隅に』は喪失そのものはクライマックスに当たるわけですが、やはり「その後」が大事であることに変わりはありません。
 これらは311の震災のメタファーである、といった解説がされることが多いでしょうが、同時に二十年かけて衰退した日本に住んでいること自体が、大きな「喪失の後」とも言えます。
 そして更に、不況や震災といったモチーフのみならず、そもそもオタク文化が「学生生活」を舞台にするのは、ぼくたちが「喪失の後」から、「あったかも知れない幸福な学園生活」を何かしらに見出したいという欲求に駆られているからに、他なりません。オタク文化は、そうした個人的な「喪失」を補完するためのメディアでした。
 だからこそ、実は311以前の作品である初代『ダンガンロンパ』にも、近しいモチーフが見て取れるのです。

 ぼく自身は、本作のファーストインプレッションはアニメだったのですが、作中で「既に死んだ仲間たちが楽しげに笑っている」写真を見つけるシーンが、大変印象に残りました。
「ぼくたちはここで初めて出会い、コロシアイに巻き込まれたのに、そんなぼくたちが死んだ仲間含め、仲よく楽しげに青春の日々を過ごしている」。
 何故そんな写真があったかについてはもちろん、劇中で謎解きがあるわけですが、「喪失の後」に、そうした「あったかも知れない幸福」を見出してしまうというシチュエーションに、ぼくは大変心揺さぶられました。
『ダンガンロンパ』は才能に恵まれた者たちが凄惨なコロシアイを行うゲームです。それが現代の格差社会に生きる者にとってのある種の慰めとなったことが、本作品のヒットのひとつの要因です(だから、『V3』劇中のまことが平和であるが故に刺激を求めてコロシアイを鑑賞しているというのは、作品の本質とは乖離した設定です)。
 しかしそれだけではあまりにも切なすぎるから、超高校級たちの楽しげな青春を体験することを、上に挙げた「幸福な学園生活のスナップ」を更に推し進めたものを、ファンは望みました。
『スーパーダンガンロンパ2』で「あいらんどモード」が実装されたのはそれが理由だったはずです。このオマケ要素は「無残に若くして咎なく死んでいった少年少女たち」が楽しく暮らす仮想世界でした。
 となると今回の「育成計画」はその更なる延長線上にある、究極のファンアイテム()となるべきものでした。
 ところがこの「育成計画」、全キャラの登場、掛けあいがあるのは嬉しいのですが、上に書いたように使い回しの立ち絵にパートボイスのみ。卒業式くらい新録ボイスがあるのではと思っていたのですが、それは一切ありませんでした。
 ちょっとこれについては、納得がいきません。何しろ本編に登場する「偽物」は実に饒舌にしゃべっていたのですから、その時にこちらの音声を録ろうと思えば録れたはずです。
 一方、条件を満たせばアニメ『3』のキャラたちが登場する(ドットキャラとしてであり、育成キャラではありませんが)モードなどまでが用意されていたりして、随分と凝っています。作り込む余裕がなかったという感じでもありません。
 こうなると、ボイスがないこと自体が、作り手たちの強烈な悪意とすら、ぼくには思えてくるのですが。

全商品50%offキャンペーン!


無題

お久し振りです。
目下各ショップ様で当サークル作品の50%offセールが始まっております。
厳密にはショップ様によって違い、更に割り引かれるところもあるので、探してみてください。
いずれにせよ、この機にどうぞお買い求めください!!

banner001.gif bnr_dmm002.jpg
28.gif dlsitebn1.gif

……ということで駄話を一席。
12月31日(土)午後4時半からテレビ朝日系列で、『大晦日だよドラえもん×パーマン1時間スペシャル』が放送決定!
……とのことらしいです。
いや、ぼくも『スパロボ』とかウルトラ兄弟の勢揃いとか、そろそろ発表される『ニューダンガンロンパV3』の体験版で苗木と日向が楓と共演とか、こういうクロスオーバーは大好きなんですが……。
藤子関連については以前から、ライダー大戦以上に微妙だな、というのが正直な感想。
数年前やったのもパーマンは本当に顔見せって感じでしたし。

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/2016omisoka/

↑詳しくはこれを見て欲しいんですが、このパーマンとのコラボエピソード、藤子F美術館でやってたヤツですわ。或いは新規作画などあるのかも知れないけど、プロットを見る限りいっしょじゃないのかなあ。
星野スミレのエピソードは「影とりプロジェクター」ですよね、普通に。
恐らくFブランドが『ドラえもん』一本という長年の事態への憂慮が、他のコンテンツの露出につながっているように思いますが、成功しているかとなると正直、全然ダメでしょう。
ぶっちゃけ『ドラえもん』が『パーマン』の数年後(恐らく十年単位)の世界であるというのもアニメ版では長らくスルーされており、あんまりその辺を気にしている様子がない。いや、「アニメでは同時代だよ」ならそれでもいいんですが、深く考えてなさそうなところが……。
また、お好きな方には周知ですがかつて(と言っても、もう38年前)『ドラ・Q・パーマン』という三大作品のクロスオーバーも行われたことがあるのですが、(作画がしのだひでお先生なのは別にいいんですが)プロットがあまりに雑で、パーマンとコピーの関係がドラえもんとのび太のそれと全くいっしょだったり。

b0134245_7342128.jpg b0134245_7345641.jpg

一応、F先生のネームであるとされているけれど、ぶっちゃけウソなんじゃないかなあ。
とは言っても、これのアニメ版は大山のぶ代、堀絢子、三輪勝恵の共演という今となっては夢のコラボ。
ところがソフト化はされておらず、容易には見れないんですな。
当時は『ハットリ君+パーマン』などFとAのコラボが日常だったのですが、これも今では封印状態。

b0134245_8193284.jpg b0134245_801428.jpg

こうした状態を打開してこその、クロスオーバーであり、『ドラ』以外の作品の認知も深まっていくんじゃないでしょうか。
プロフィール

雛子一

Author:雛子一
「日和っ子倶楽部」公式BLOGへ
ようこそ!
管理人の「雛子一」です。
メアド変わりました!!
hinako_1_h★ybb.ne.jp
(★をアットマークに)
感想などいただけると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご協力いただいている方々のサイトです!
●絵師様● ●声優様● ●販売店様● DL.Getchu.com Gyutto(ギュッと!)|美少女ゲーム、アダルト動画、同人作品の総合ダウンロードサイト! DD-STYLE.COM
●検索サイト様● エロCGランキング 創作検索ぴあすねっとNAVI 【日本最大級:創作・個人検索サイト 】GAMEHA.COM - ゲーム派ドットコム - アニメ・イラスト系アダルト検索エンジン エロCG広報委員会 アダルト検索エンジン・エロCGナビゲーター ●素材サイト様● ban_3.jpg ban_3.jpg ●お気に入り● siro_ba.jpg
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR